カテゴリー「ラーメン・麺」の記事

2018年7月10日 (火)

水餃子→ジャージャー麺

 昼の社食で食べた水餃子+にんにく醤油ダレの満腹感が夕方まで残り、16時40分の夕社食はキャンセル。

201807101

 夜、近所のラーメン屋で炸醤面(ジャージャー麺)。かん水が入った太麺でコシの強さが凄いです。大盛り・具沢山で1杯12元(約201円)は嬉しい!

201807102

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年6月29日 (金)

本日の社食 紫玉ねぎのジャージャー麺

 今日の中国烟台の気温は30℃。暑い日には見た目が涼しい紫玉ねぎたっぷりのジャージャー麺。麺の下にも玉ねぎが敷き詰められていて、常にシャキシャキ感を味わうことができます。

201806291

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

まつ笠 こってり濃厚味噌らーめん

 今夜は差し入れでいただいた味噌ラーメンを調理。

201806242

 「こってり濃厚味噌ラーメン」とありますが脂を追加し、さらに肉味噌、白髪ネギ、ニンニク、すりゴマ、のり、ゆで卵をトッピングして出来上がり。麺は細麺。スープは思ったほどこってりではなく甘みがあり、麺の味と香りを打ち消さず、バランスいい仕上がりです。

201806241

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

本日の社食 うまい!炸醤面(ジャージャー麺)

 本日の夕社食は炸醤面(ジャージャー麺)と搾菜(ザーサイ)の漬物。炸醤面はコクのあるたっぷりの肉味噌に、キュウリとシャキシャキの紫タマネギが入って食感も最高。いつものようにどんぶりに特盛りですが、最後まで美味しくいただきました。

201806211

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年6月 4日 (月)

本日の社食 ラーメン特盛

 本日の夕社食はラーメン。いつものように器から溢れそうなくらい盛られています。スープは味噌味で、具は挽肉とキュウリと茎わかめ。ツルツルッと食べた後は仕事の続きを。提供時刻が午後4時40分と早いので、夜10時ぐらいになると小腹が...。

201806041

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

ネギ・モヤシ・ニンニク味噌ラーメン

 スーパーに珍しく日本のものに似た新鮮なモヤシがあったので購入。500gで2.58元(約44円)は他の野菜の相場と比べて割高感があります。ちなみにジャガイモ5個(600g)、キャベツ半玉(400g)とほぼ同じ値段です。
 商品は昆嵛山深層水を使っているようです。昆嵛山とは烟台の南東にある標高923mの山。風光明媚な観光地になっています。まだ行ったことはありません...。

201806021

 そして新鮮なうちに調理。大好きな味噌ラーメンの具にしました。モヤシはネギの下に隠れて見えませんが、たっぷり使っています。

201806022

 先日日本から届いた にんにくクラッシャー が予想以上の出来で、絞り残りがほとんどなく見事にクラッシュしてくれます。いい買い物をしました。
 
pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

ニラとニンニクたっぷり濃厚味噌ラーメン

 袋麺の日清「ラ王」味噌ラーメンをちょっと手間かけて作ってみました。用意する素材は豚挽き肉、ニンニク、ニラ、長ねぎ、炒りゴマ、ゆで卵、酒、ゴマ油、中華スープの素、一味唐辛子、甜麺醤、塩。今回は大盛り2玉分を作ります。
 まずはスープに溶かす具づくり。生ニンニクはたっぷり用意し、ニンニク絞り器で粗みじんにします。絞り器で押し潰しながら絞られることで、ただ包丁で切るよりも風味が増します。絞り器で絞り切れない部分は取り出して包丁でみじん切りにします。(写真のニラは別の所で使います)

201805241

 炒りゴマはすり鉢ですり潰します。下の写真は中国で購入した大理石のすり鉢。重みのあるすり棒でグイグイ押し潰してゴマの香りを出します。みじんニンニクとすりゴマと「ラ王」に付属の味噌スープをどんぶりに入れておきます。

201805242

 続いて麺の上に載せる具作り。豚挽き肉は酒とゴマ油で炒めます。甜麺醤を少し加え更に炒め、塩を少々振ります。甜麺醤を入れすぎると味噌スープの風味を損ねてしまうので要注意。挽き肉100gに対して小さじ1ぐらいが適量です。
 中国の挽き肉はどこもだいたい日本の2~3倍の太さにミンチされています。写真は21cmのフライパンと200gの挽き肉なので、ミンチがいかに太いかわかると思います。炒めればポロポロ崩れて日本のものと変わらなくなります。

201805245

 最後にピリ辛ねぎを作ります。早く作りすぎると塩分でしなってしまうので、麺を茹でる直前に作ります。作り方は 過去記事 にあるので省略します。今回は彩りを良くするためにあえて長ネギの緑色がかった部分を使い、さらに冒頭の写真のニラを加えました。
 具材が揃ったら「ラ王」の麺を茹でます。水の量は指定量の5%減(1玉あたり475cc)、茹で時間は1分減の3分間。手早くスープを溶かし、麺をからませ、具を盛り付けて完成です。
 本当はこれにもやし炒めを入れたいのですが、中国で売っているもやしは細くて固く、シャキシャキ感がないうえに、やたらと長くて絡みついて食べにくいので使っていません。日本のようなもやしがどこかで売っていないかな...

201805244

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

烟台・蓬莱春のラーメン

 先週に続き、今日も山東料理の「蓬莱春」で食事。食事も美味しいけど、締めのラーメンがまた美味しい。種類が豊富で、写真で選べます。中段の右から二番目、「蓬莱春打鹹麺」を注文。

201805181

 今までこの店のラーメンが「美味しい!」と感じた理由が、今日この名称をじっくり見て初めてわかりました。「鹹」は添加物の「かんすい」。つまり日本のラーメンにあるコシ、つや、色合い、風味を出すのに欠かせない存在。これが入っていないと細いうどん食感のラーメンになります。

201805182

 実物の蓬莱打鹹麺がこちら↑ サンプル写真より実物の方が美味しそうに見えることは滅多にないですよね。具は焼豚、キクラゲ、きのこ、玉子、チンゲンサイなど。

201805183

 これがかんすいを使った麺↑ しっかりしたコシです。とろみのあるスープが麺によく絡み合います。これで7元(約120円)は安い!

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

にんにく絞り器がグニャリ

 100円ショップで購入したにんにく絞り器でにんにくを絞っていたら、柄がグニャリと曲がってしまいました。ちょうど補強ビードが途切れたところで。やはり100円の器具では長持ちしないです。

201805021

 それでも諦めず、短い柄を力いっぱい握ってにんにくを絞りました。次は2,000円ぐらいの重厚な絞り器を購入します。

201805022

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年4月30日 (月)

豚の角煮&にんにく旨辛ねぎラーメン

 中国3連休の2日目。月末の仕事が落ち着き時間がたっぷりあるので手の込んだ料理を。今日は「豚の角煮&にんにく旨辛ねぎラーメン」を作ります。豚バラのかたまり肉を軽く焼いて、深めの鍋に長ねぎ、生姜、にんにくを入れて1時間ほど煮込みます。

201804304

 その間に味付けダレ作り。先日、日本から持ってきた醤油が切れてしまったので中国で購入したキッコーマンの醤油を使用。1.8Lでなんと108元(約1,867円)。慣れ親しんだ味でないと料理が台無しになってしまうので、そこは現地醤油で代用するわけにはいきません。みりん、料理酒は日本から持ってきたもの。

201804305

 そしてダシ昆布とダシ用削り節。こちらも日本から持ってきたもの。

201804306

 醤油、みりん、酒を2:1:1の比率で混ぜたタレにダシ昆布を入れて一煮立ちさせます。一旦火を止め、後処理しやすいようにダシパックに入れた削り節を加えて弱火で少し煮て醤油ダレが完成。
 煮込んでおいた豚バラ、生姜、にんにくにバターを加え醤油ダレで30分ほどとろ火で煮込みます。ゆで卵も一緒に煮込みました。

201804307

 煮込みを終え、ラーメンを茹でる直前ににんにく旨辛ねぎを作ります。長ねぎは20cmほどを白髪ねぎ状に切って冷水にさらした後、ごま油大さじ2、中華ダシの素小さじ1、一味唐辛子適量を加えよく混ぜ合わせます。そこへ100円ショップで買ったにんにく絞り器で生にんにく3カケをギュッと粗みじんに絞り、炒りゴマを加えてよく混ぜ合わせます。これだけでもいいおかずになります。中華ダシの塩分でしなってきますので、早いタイミングで作り置きしないのがコツです。

201804308

 具材がすべて揃ったところでラーメンを茹で、手早く具材をトッピングして完成。ちなみにラーメンは日本から持ってきたラ王とんこつ醤油味。味玉は表面が濃厚で見た目以上にしっかり味が付いています。角煮は大きめにカットして、口の中でジュワッと美味しいタレがしみ出てくる感じがいいです。そして大量のにんにく旨辛ねぎは、塩加減とにんにく加減が絶妙で美味しいです。
 ラーメン1杯に調理時間約2時間。休日の贅沢な時間の使い方。角煮と煮玉子は作り置きしているので、あと数回は短時間で美味しいラーメンを食べられます。

201804309

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

より以前の記事一覧