カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2018年12月10日 (月)

源氏パイ風のおやつ

 スーパーのパン売り場に「源氏パイ」風の商品があったので購入。1枚が幅85mm、厚さ18mmもある大きなもの。食感は源氏パイを少しソフトにした感じで、味と香りも源氏パイに近いです。一つ一つが大きいので食べ応えあり。食べるときパイの層が必ず剥がれ落ちるので、盆・皿は必須。10枚入り250gで12.5元(約204円)です。

201812101

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

海鮮料理 喜楽 烟台山

 凍てつく寒さの中、烟台山近くの海鮮料理店「喜楽」へ。雪と寒さのためか、店内は静まりかえり、閑散とした状態でした。

201812073

 まずは前菜で春雨サラダを食べ、その次に下の写真のアワビスープ。とろみのある中華スープの中に殻付きアワビが入っていて、いいダシが出ています。

201812074

 次にカリフラワーと豚肉の炒め物が出てきて、次は下の写真の「黄花魚」の甘酢あんかけ。「黄花魚」は日本語では「キグチ」という黄色みがかった魚。写真では小さく見えますが、体長30cmほどあり、丸々と肉の付いた食べ応えのある魚です。外はサクッとしていて、身はふんわり。骨は外しやすく小骨は全く気にならず、とても食べやすいです。甘酢あんかけとの相性も最高です。

201812075

 続いては、つみれスープ。おそらくサワラのつみれだと思います。フワっとした優しい食感。スープは塩ダシです。

201812086

 続いて海老の唐揚げ。塩コショウと刻みニンニクが入っていて、中国らしい味わいになっています。カラっと揚がっているので、頭から尻尾までまるごと美味しくいただけます。

201812087

 そして三鮮水餃子。小籠包みたいに肉汁たっぷりで、タレなしでも十分味わえます。全7品を食べ、今夜も満腹です。

201812088

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

中国・星巴克(スターバックス)

 師走の慌ただしい合間に星巴克(スターバックス)でホッと一息。落ち着きます。本日はミルク感たっぷりのカフェラテ。

201812051

 こういうアイテムもしっかり揃っています。左からナツメグ、シナモン、バニラ、ココアの各パウダー。閉店時刻が 21:30 と早めなのが残念。

201812052

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

本日の社食 ネギ醤油ワンタン

 本日の社食はアツアツの大粒ワンタン。ネギ醤油のタレが別に用意されていて、ワンタンスープに投入して味を調整します。サクサクのネギが美味しい! 大盛りワンタン2杯完食。

201812041

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

烟台張裕ワイン入りビーフシチュー

 12月最初の日曜日。昨日は仕事したり動画編集したりで忙しかったけど、今日は朝からのんびりビーフシチュー作り。
 中国では数少ないパック売りの肉を購入。左上のシールには何故か日本語で「お買い得品」の文字。

201812021

 このほかの食材はニンジン、玉ネギ、マッシュルーム、ジャガイモ。マッシュルームは直径4~5cmもあり大きいので4分割して投入します。具沢山が好きなのでパーケージに書かれている分量よりかなり多めです。

201812022

 肉と野菜を烟台名産の張裕ワインを加えて煮込み、日本から持ってきた「S&B とろけるシチュー」(半額おつとめ品)で更に煮込んで完成。ちなみに烟台はワインの産地で、中でも張裕ワインは中国ではトップブランド。残念ながら日本では無名で、量販店のワインコーナーで中国ワインを見かけることはまずないです。

201812023

 だいぶ時間をかけて煮込み、肉は柔らかく、玉ネギはほぼ溶けています。大粒マッシュルームはプリプリ食感を保っていていいアクセントです。2皿いただき満腹。残りは冷凍保存。

201812024

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

おいしい米を食べるには

 中国烟台駐在929日目。いまだ中国で満足できる「米」に出会えておりません。米研ぎに使う水の影響か、炊飯に使うペットボトルの水か、炊飯器か、米そのものか...?
 昨日、日本から精米を3合持って中国にやってきました。今日はその米で炊飯。いつものように東レの浄水器を通った水道水で米を研ぎ、コカコーラ中国が販売するPETボトルの純浄水を3合の目盛りまで注ぎ、タイガー中国仕様の炊飯器で炊飯。

201811291

 結論=日本で食べているものと大差なし。若干の風味の違いはありますが、日本の水と違うことが原因だと思います。しかし格段に風味(特に甘み)、食感、色艶がよく、合格ラインを超えました。どうやら米そのものが全く違うのですね。
 今後は日本産の米を中国で安く手に入れる方法が課題になりそうです。スーパーに行くと安い「秋田小町(あきたこまち)」「越光(コシヒカリ)」というのを見かけますが...。

201811292

pencilえきちょう @中国烟台

| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

帆立にんにく春雨

 烟台の串焼き屋でよく食べる「帆立にんにく春雨」を、日本の自宅で再現。貝殻付きは手間が掛かるので、剥かれてボイルされたものを使用。刻みにんにくを乗せ、オリーブオイル、醤油、春雨、塩少々を加えてオーブンで10分ほど加熱。

201811251

 焼き上がりが近付くと、にんにくのいい香りが広がります。青ネギと鷹の爪を加えて完成。烟台で食べる帆立にんにく春雨とほぼ同じ味わいに満足。本場の帆立にんにく春雨は こちら。本場はにんにくが大量。

201811252

pencilえきちょう @伊豆伊東

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

ぶりのすし

 一時帰国8日目。地元のスーパーで駅弁フェアをやっていて、富山の「ぶりのすし」を購入。「ますのすし」はよく食べるけど「ぶりのすし」は初めて。製造元は「ますのすし」と同じ富山の「源」。

201811241

 ギュッと詰まった米とブリに笹のいい香りが広がります。

201811242

pencilえきちょう @伊豆伊東

| | コメント (0)

2018年11月23日 (金)

キンメバーベキュー

 一時帰国7日目。自宅でまったりバーベキュー。朝から食材を買い出しに出掛け、キンメ鯛の干物(1枚198円)を購入。炭火で焼き上げると皮がパパリ。

21811241

 そして奥羽牛のカルビ肉。レアに炙って食べると肉の甘みが口の中に広がります。

201811242

pencilえきちょう @伊豆伊東

| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

ふんわり名人

 最近、越後製菓の「ふんわり名人」がお気に入り。きな粉と塩のきいた菓子です。商品名の通りふんわり軽やか。シンプルだけど、やみつきになるおいしさです。

201811211

pencilえきちょう @伊豆伊東

| | コメント (0)

より以前の記事一覧